「奥備後・比婆の街から」

アクセスカウンタ

zoom RSS 瀬尾医院ビル取り壊し完了

<<   作成日時 : 2006/02/04 13:07   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 1月後半からまとまった雪も降ることが無く割と穏やかな気候だった備後東城の里も、昨日昼前から強い季節風とともに雪が降り始め、今朝は気温も−5度までに下がり久々の雪化粧となりました。まあ、まだ2月も上旬ですので、そう簡単には春の訪れとはいかないようです。

 長年にわたり東城駅前通りで地域医療の拠点としての存在感を示していた瀬尾医院ビルディングでしたが、隣接地に平屋建ての診療所建物を新築されて昨年秋に移転した後、長い間取り壊し工事が行われていましたが、工事が完了し更地になりました。

 写真の左側は2002年1月の瀬尾医院ビルディングの風景で、右側は2006年2月の取り壊し後の風景です。私が子供の時以来、我が家から城山を見るといつも瀬尾医院ビルが目に入っていたのが無くなってしまい、なんだか気が抜けたような感じですね。取り壊し後更地になった場所は、外来患者さん用の駐車場になるようです。

 東城のお医者さんも徐々に若い先生に世代交代されつつあり、また本町にも新たに医院が開業するそうです。先生方には、住民の命と健康を守る地域の医療サービスの充実に頑張っていただきたいものです。

テーマ

注目テーマ 一覧

 


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

※お問い合わせは、Skypeの文字チャットでもどうぞ。
 Skype : yappon

YAPPONの
つぶやき

瀬尾医院ビル取り壊し完了 「奥備後・比婆の街から」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる